事業紹介FCC試験

北米へ電子機器を輸出、販売するメーカー、商社のみなさまへ

北米(アメリカ、カナダ)へ向けた無線機器、情報処理技術装置の認可試験と手続きサポートを行っています。ご相談ください。

米国向け無線機器の認可取得サポート

米国向け無線機器や情報技術装置のFCC認可試験を行うサービスです。
弊社の10m電波暗室は、FCC登録サイト(Accredited/No.JP0022)ですので、適合宣言(DoC)のためのFCC Part15の試験にご利用いただけます。
また、提携TCBにより無線機器の認証(Certification)取得も可能です。お気軽にお問合せください。


FCCの機器認証手続きとしては以下の3つがあり、TCBは3つすべての認可、認証ができます。

Certification
ほとんどすべての送信機およびスキャンニング受信機に適用
Declaration of Conformity(DoC)
ほとんどのPart15の受信機、パソコンおよび周辺装置、Part 18の情報家電機器
Verification
FCC Parts 15および18に基づき使用するコンピュータ以外および情報家電機器以外の機器

TCB申請・認可取得

TELECではFCC認証を直接発行できるTCB (Telecommunication Certification Body)を経由して、TCB認証申請取得サービスを提供します。従来、FCCへ直接申請をされていた無線および通信端末機器の認証は、弊センターを窓口としてTCB申請が可能です。
ワンストップでFCC規格に基づいた貴社製品の測定からFCC認証書発行までの手続をサポートします。試験は提携TCBで行います。


TCB(Telecommunication Certification Body)とは

TCBはFCCに代わってFCC認証を発行できるFCCから認められた試験所です。TCBとFCCの話し合いの場として、TCB Councilがあります。TCB Councilの目的は、FCCとTCB間の定期的な話し合いのためのフォーラムを組織し、TCBの技術・運営の改善に向けて継続的活動を促進することです。

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

WEBからのお問合せ
お問合せ
お電話からのお問合せ

対応規格

対応規格(EMC)

評価項目 試験項目 仕様・対応可能レベル 無線機器 情報技術装置(ITE)
EMI 電界強度(放射)
端子雑音(伝導)

放射:30MHz - 40GHz
伝導:150kHz - 30MHz

FCC Part15 B, Part 18

対応規格(無線機器)

評価項目 試験項目 無線機器
無線機器RF試験 FCC Part 15 C
SAR試験 FCC
IC (Industry Canada)
ANSI/IEEE 1528
RSS-102

設備

10m電波暗室

10m電波暗室


試験サイトの大きさ
(奥行×幅×高さ)
19.6(D) × 16.6(W) × 8.0(H) (m)
最大電力供給能力 交流電源
出力1
:単相100V系90A
出力2
:単相200V系45A
出力3
:三相200V系26A
直流電源
出力1
:0〜50V/150A
出力2
:0〜63V/50A
ターンテーブル
直径
:5m、耐荷重:2000kg
回転速度
:0.5〜2.5rpm
回転角制限
:なし
角度分解能
:1度

エミッション測定
試験項目 試験対象ポート 主要特性の仕様
放射妨害波 筐体 測定周波数範囲: 9 kHz〜22 GHz
測定距離: 3 mおよび 10m

シールド室

シールド室


試験サイトの大きさ
(奥行×幅×高さ)
9.5(D) × 6.3(W) × 2.5(H) (m)
最大電力供給能力 交流電源 単相単相 2kVA
直流電源 0 - 35V / 20A

エミッション測定
試験項目 試験対象ポート 主要特性の仕様
伝導妨害波 電源線 測定周波数範囲 : 9 kHz〜30 MHz
AMN電流容量 : 単相:16A、三相:32A
通信線 測定周波数範囲 : 9 kHz〜30 MHz
ISN、電流プローブ

シールド室

シールド室


試験サイトの大きさ
(奥行×幅×高さ)
6.3(D) × 3.5(W) × 2.5(H) (m)
最大電力供給能力 交流電源 単相100V15A
直流電源 0〜35V/20A

SAR測定
試験項目 試験対象ポート 主要特性の仕様
SAR測定 Head / Body 測定周波数範囲:450MHz - 5.8GHz

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

WEBからのお問合せ
お問合せ
お電話からのお問合せ