事業紹介較正の対象測定器と項目

較正対象の測定器と較正項目は、次のとおりです。


1.周波数計

  • 指定較正
  • 一般較正

(1) 基準周波数の合わせ込み

周波数計が内蔵する基準発振器の周波数を正確な値に調整して合わせ込みします。
合わせ込みができない機器については、周波数偏差を表示します。

(2) 周波数目盛り

周波数を直接指示する型の周波数計の指示値の較正、又は、周波数を目盛りから読み取る型などの周波数計の目盛りの較正をします。

2.スペクトル分析器
(スペクトルアナライザ)

  • 指定較正
  • 一般較正

(1) 周波数特性

一定の電力指示値について周波数を変えて較正します。較正する電力指示値と周波数は、ご希望によりますが、電力指示値は、内蔵の基準出力信号と同程度のレベルの較正をおすすめします。
なお、送信機のスプリアス電力測定器として使用する場合には、ご希望により、送信機出力端に接続するケーブルの先端から方向性結合器等を経由してスペクトル分析器に至るまでの測定系の周波数特性としての較正も行います。

(2) 減衰器目盛り

入力減衰器の相対減衰量をご希望の周波数で較正します。

(3) 管面目盛り-振幅

管面の振幅目盛り(縦軸目盛り)を、ご希望の周波数で較正します。

(4) 管面目盛り-周波数

管面の周波数目盛り(横軸目盛り)を較正します。特に周波数幅などを精密に測定するときにご利用下さい。

(5) 基準周波数の合わせ込み

周波数計の場合と同じように、内蔵の基準発振器の周波数を、正確な値に調整します。

3.電界強度測定器

  • 指定較正
  • 一般較正

(1) 電界強度

空中線、接続ケーブルを含む電界強度計の較正を行います。

(2) 電圧周波数特性

電界強度測定器本体の受信部の入力電圧較正を行います。「アンテナ係数」の項目と組み合わせると電界強度を求めることができます。
なお、送信機のスプリアス電力測定器としてこの受信部を使用する場合には、ご希望により、送信機出力端に接続するケーブルの先端から方向性結合器等を経由して受信部に至るまでの測定系の周波数特性としての較正を行います。

(3) 減衰器目盛り

電圧指示の相対変化量の較正を行います。

4.高周波電力計

  • 指定較正
  • 一般較正

(1) 周波数特性

公称インピーダンス50Ω又は75Ωの高周波電力計(終端型、通過型)の複数の周波数における一の電力指示目盛りの較正を行います。

(2) 電力目盛り

公称インピーダンス50Ω又は75Ωの高周波電力計(終端型、通過型)の一の周波数における複数の電力指定目盛りの較正を行います。

5.電圧電流計

  • 指定較正
  • 一般較正

(1) 電圧目盛り

電圧電流計の電圧目盛りの較正を行います。

(2) 電流目盛り

電圧電流計の電圧目盛りの較正を行います。

6.標準信号発生器

  • 指定較正
  • 一般較正

(1) 出力電圧目盛り

公称出力インピーダンス50Ω又は75Ωの標準信号発生器の出力電圧を、出力端子をそれぞれ50Ω又は75Ωで終端した状態で較正します。

(2) 減衰器目盛り

出力指示と減衰器目盛りを別々に表示する型の減衰器目盛りの較正及び直接出力電圧を表示する型の出力電圧を変化させたときの相対値の較正を行います。


  • どちらの場合も(1)「出力電圧目盛り」で較正した出力電圧を基準にして、それからの相対減衰量を較正します。
  • 標準信号発生器の較正には、広範囲にわたり能率よく較正できる両項目を組み合わせた次の較正をおすすめします。

1)
「出力電圧目盛り」では、比較的高いレベルの出力電圧を周波数特性が把握できる複数の周波数ポイントで較正します。
2)
「減衰器目盛り」では、1)で較正した出力電圧を基準にして、低レベルまでの相対減衰量を1)の周波数ポイントのうちから選んだ周波数で較正します。

7.周波数標準器

  • 指定較正

セシウム周波数標準を基準として、被較正周波数標準器との周波数差を測定し、周波数偏差を較正します。

8.変調度計

  • 一般較正

(1) 周波数偏移目盛り

FM変調された信号の周波数偏移を測定する周波数偏移計、直線検波器、モジュレーションアナライザなどの周波数偏移目盛りの較正を行います。

(2) 振幅変調目盛り

AM変調された信号の変調度を測定する、直線検波器、モジュレーションアナライザなどの振幅変調目盛りの較正を行います。

9.高周波減衰器

  • 一般較正

(1) 周波数特性

高周波減衰器の一の減衰量において複数の周波数で減衰量の較正を行います。

(2) 減衰器目盛り

高周波減衰器の一の周波数において複数の減衰量について較正を行います。

10.低周波発振器

  • 一般較正

(1) 周波数特性

低周波発振器の出力レベルを一定にしたときの周波数特性の較正を行います。

(2) 減衰器目盛り

低周波発振器の一の周波数において出力レベルの相対減衰量の較正を行います。

11.平坦レベル計

  • 一般較正

(1) 周波数特性

平坦レベル計の入力レベルを一定にしたときの周波数特性の較正を行います。

(2) 減衰器目盛り

平坦レベル計の一の周波数において入力減衰器の相対減衰量の較正を行います。

12.空中線

  • 一般較正

(1) アンテナ係数等

ループアンテナ、ダイポールアンテナ(短縮を含む)、バイコニカルアンテナ、ログペリオディックアンテナ等のアンテナ係数及びホーンアンテナのアンテナ係数及び利得の較正を行います。

13.オシロスコープ

  • 一般較正

(1) 垂直軸電圧

オシロスコープの垂直軸電圧の較正を行います。

(2) 掃引時間

オシロスコープの水平軸時間の較正を行います。



第1表 較正対象測定器と較正適用範囲

事務所 松戸試験所 西日本 中日本、長野
測定器の種別 較正項目 較正範囲 較正範囲 較正範囲
高周波電力計(注2) 50Ω 周波数特性電力目盛り (注1)
0.1μW
~250W
100kHz~110GHz (注1)
1μW
~250W
10MHz~18GHz (注1)
1μW
~60W
10MHz~18GHz
75Ω 1W~50W 1MHz
~500MHz
1W
~50W
1MHz
~150MHz
- -
周波数計 基準周波数合わせ込み 100kHz、1MHz、2.5MHz、5MHz、10MHz 100kHz、1MHz、2.5MHz、5MHz、10MHz 100kHz、1MHz、2.5MHz、5MHz、10MHz
周波数
目盛り
1GHz~18GHz 1GHz~18GHz 1GHz~18GHz
標準信号発生器 50Ω 出力電圧目盛り 30dBμV
~130dBμV
100kHz~18GHz 30dBμV~130dBμV 100kHz~18GHz 30dBμV~130dBμV 100kHz~18GHz
減衰器目盛り 0dB
~130dB
0dB
~130dB
0dB
~130dB
75Ω 出力電圧目盛り 30dBμV
~130dBμV
100kHz~1.2GHz - - - -
減衰器目盛り 0dB
~130dB
- -
スペクトル
分析器(注2)
周波数特性 -30dBm
~10dBm
100kHz
~50GHz
-30dBm
~10dBm
100kHz
~18GHz
-30dBm
~10dBm
100kHz
~18GHz
-20dBm 50GHz
~110GHz
減衰器
目盛り
0dB
~90dB
100kHz
~50GHz
0dB
~90dB
0dB
~90dB
管面
目盛り
振幅 0dB
~100dB
0dB
~100dB
0dB
~100dB
周波数 100kHz
~50GHz
100kHz
~18GHz
100kHz
~18GHz
基準周波数
合わせ込み
100kHz、1MHz、2.5MHz、5MHz、10MHz 100kHz、1MHz、2.5MHz、5MHz、10MHz 100kHz、1MHz、2.5MHz、5MHz、10MHz
変調度計 周波数 偏移目盛り 1kHz
~10kHz
10MHz~18GHz 1kHz
~10kHz
10MHz~18GHz 1kHz
~10kHz
10MHz~18GHz
振幅変調目盛り 10%~90% 10MHz~1GHz 10%
~90%
10MHz~1GHz 10%
~90%
10MHz~1GHz
電圧電流計 直流交流(注3) 電圧目盛り 10mV~1,000V - -
電流目盛り 10μA~11A
電圧目盛り 1mV~1,000V
電流目盛り 0.03mA~11A
高周波 減衰器 周波数 特性 100kHz~18GHz 100kHz~18GHz 100kHz~18GHz
減衰器目盛り 0dB~90dB 0dB~90dB 0dB~90dB
低周波発振器 75Ω不平衡 周波数特性 -30dBm
~+10dBm
50Hz
~30MHz
減衰器目盛り 0dB~60dB
600Ω平衡 周波数 特性 -30dBm
~+10dBm
200Hz
~100kHz
減衰器目盛り 0dB~60dB
平坦レベル計 75Ω不平衡 周波数特性 -30dBm
~+10dBm
50Hz
~30MHz
減衰器目盛り 0dB~60dB
600Ω平衡 周波数 特性 -30dBm
~+10dBm
200Hz
~100kHz
減衰器目盛り 0dB~60dB
電界
強度
測定器
空中線+本体 電界強度 60dBμV/m
~70dBμV/m
9kHz
~30MHz
70dBμV/m
~100dBμV/m
25MHz
~1GHz
80dBμV/m~140dBμV/m 1GHz
~5GHz
電界強度測定器本体 電圧周波数特性 30dBμV
~130dBμV
9kHz
~5GHz
減衰器目盛り 100dB以下 9kHz
~5GHz
空中線 ホーンを除くアンテナ アンテナ係数 9kHz~1GHz
ホーンアンテナ 利得 1GHz~18GHz
オシロスコープ 垂直軸電圧 10mV/div
10V/div
DC及び50Hz
~100kHz
100mV/div 100kHz~100MHz
掃引時間 10ns~0.1s

注1 
高周波電力計の周波数帯域別の較正範囲は第2表及び第3表のとおりです。
注2 
国家標準にトレースされた高周波電力計及びスペクトル分析器の周波数範囲と接続コネクタは次表のとおりです。(較正条件に合わないコネクタでも、変換コネクタの添付により較正可能)
周波数 コネクタ条件
100kHz~18GHz N型
18GHz~50GHz 2.4mm(オス)
50GHz~75GHz Vバンド導波管WR-15
75GHz~110GHz Wバンド導波管WR-10

スペクトル分析器に外部ミキサを接続する場合は、外部ミキサのコンバージョンロスデータ・フロッピーディスクの添付(ハードディスク内蔵のものはファイル名)とデータ読み込み手順書が必要です。
例)2.4mmコネクタはDC~50GHzまで使用可能ですが、上位機関からの基準が18MHzまではN型で供給されているため、2.4mm-N型の変換が必要になります。
注3 
交流電圧目盛りの較正可能周波数は、1,000Vで10kHzまで、33Vで最高周波数の100kHzまでです。また、交流電流目盛りの較正可能周波数は、11Aで1kHzまで、30mAで最高周波数の10kHzまでです。
注4 
入出力インピーダンスが記載されていないものは全て50Ωとなります(空中線を除く)。

第2表 高周波電力計の周波数帯域別較正範囲(50Ω)

高周波電力計50Ωの較正範囲 サービスセンター
周波数 電力
100kHz~1MHz0.1μW~150W松戸
1MHz~100MHz0.1μW~150W
100MHz~400MHz0.1μW~250W
400MHz~1GHz0.1μW~200W
1GHz~1.3GHz0.1μW~60W
1.3GHz~1.7GHz0.1μW~100W
1.7GHz~2GHz0.1μW~60W
2GHz~3GHz0.1μW~60W
3GHz~18GHz0.1μW~10W
18GHz~50GHz0.1μW~10mW
50GHz~110GHz1μW~10mW
100kHz~10MHz1μW~10mW西日本
10MHz~100MHz1μW~50W
100MHz~400MHz1μW~250W
400MHz~1GHz1μW~50W
1GHz~1.3GHz1μW~30W
1.3GHz~1.7GHz1μW~100W
1.7GHz~2GHz1μW~30W
2GHz~18GHz1μW~1W
100kHz~10MHz1μW~10mW中日本、長野
10MHz~1GHz1μW~50W
1GHz~2GHz1μW~30W
2GHz~18GHz1μW~10mW

第3表 高周波電力計の周波数帯域別較正範囲(75Ω)

高周波電力計75Ωの較正範囲 サービスセンター
周波数 電力
100kHz~2GHz0.1μW~10mW松戸
1MHz~500MHz1W~50W
1MHz~150MHz1W~50W西日本

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

WEBからのお問合せ
お問合せフォーム
お電話からのお問合せ