事業紹介微弱無線設備


電波に対する社会的な関心が高まるにつれ、設備の供給者にとっても法令順守が重要になってきています。
電波を出す無線設備は電波法に定められた技術基準に適合している必要があります。
微弱無線設備としてFMトランスミッター、玩具、ドア開閉器等多くの種類の機器が出回っております。
これらの設備の発射する電波が、電波法で規定されている電界強度を超えると、使用者が罰せられることになります。
第3者の試験機関であるTELECが試験を行うことで、ユーザーが安心して使用することができます。


TELECは、豊富な経験と実績で微弱無線設備等の電界強度測定を実施いたします。 微弱無線設備等の試験には、無線設備の性能を測定し結果をお伝えする「一般試験」と、測定結果をTELECが証明し証明書を発行する「性能証明」の2通りがあります。


通常この試験はTELECの電波暗室を使って行います。

1.無線設備から3mの距離での電界強度が、以下に示されたレベルより低い場合、微弱無線設備となり、無線局の免許を受ける必要はありません。

無線設備から3mの距離での電界強度

2.ラジコン用発振器またはラジオマイク

当該無線設備から500mの距離において、その電界強度が200μV/m以下のものであって、総務大臣が用途並びに電波の型式及び周波数を定めたものをいいます。

3.誘導式読み書き通信設備
(13.56MHz周波数の誘導電波を使用して記録媒体の情報を読み書きする設備)

該無線設備から3mの距離において、その電界強度が500μV/m以下のものであって、総務大臣が用途並びに電波の型式及び周波数を定めたものをいいます。

微弱無線設備の一般試験

お客様が無線機器の性能のみを確認されたい場合は、「微弱無線設備等の一般試験」をご利用頂けます。申し込み者のご依頼により無線機器の性能を試験するもので、その機器について試験成績書を発行しています。

試験申し込み書

手数料(税抜き)

基本料金 15,000円
試験料金 28,800円/時間
注1 
上記料金のうち、試験料金については、試験に要する時間数について1時間当たりの額を示します。ただし、1時間未満の端数は切り上げるものとします。
注2 
同一型式の受験機器について、同時に2台以上の申し込みがあった場合は、2台目以降は試験料金のみとします。
注3 
成績書以外の資料の料金は、一式1,000円(税抜き)とします。
注4 
出張試験は別途料金をいただきます。

微弱無線設備の性能証明

電波法施行規則(以下「規則」という。)第6条第1項に規定する発射する電波が著しく微弱な無線設備若しくは、規則第44条第1項第2号の(2)の誘導式読み書き通信設備の電界強度を測定し、電波法令で規定している条件に適合している場合に、免許を要しない無線局であることをTELECが証明し「性能証明書」を発行するものです。
なお、性能証明を受ける前に、機器の試験結果のみを確認したい場合は、「微弱無線設備等の一般試験」をご利用頂くことも可能です。

性能証明ラベル

性能証明ラベル
ご希望により取扱説明書や該当設備の銘板等に当センターが定める表示(無料)、あるいは当センター発行の証明ラベル(左図、有料)を貼付することが出来ます。

試験申し込み書

手数料(税抜き)

基本料金 35,200円
試験料金 28,800円/時間
注1 
上記料金のうち、試験料金については、試験に要する時間数について1時間当たりの額を示します。
ただし、1時間未満の端数は切り上げるものとします。
注2 
証明証書以外の資料の料金は、一式1,000円(税抜き)とします。
注3 
出張試験は別途料金をいただきます。

ご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ

WEBからのお問合せ
お問合せフォーム
お電話からのお問合せ

事業紹介