新着情報

2016/12/92016年度APT研修「ワイヤレスブロードバンドインフラのための電波監理及び電波監視コース」を実施しました。
~ICT分野における人材育成に係る国際貢献~

参加者

 以下の6か国で電波監理、電波監視等に従事する政府またはそれに準ずる機関の要職にある方々8名
アフガニスタン、カンボジア、ミャンマー、ネパール、サモア、ベトナム

研修概要

講義題目 講師団体
ブロードバンド時代における周波数管理
電波利用料制度の概要
総合無線局管理システム概要
総務省総合通信基盤局電波部
電波政策課
電波利用料企画室
日本の電波監視の概要
実習:VHF/UHF帯電波監視施設
実習:HF/宇宙電波監視施設
総務省総合通信基盤局電波部監視管理室
総務省関東総合通信局電波監理部
 三浦電波監視センター
日本における最新のワイヤレスブロードバンドシステム及び施設見学 アンリツ(株)
日本における最新の衛星通信ネットワークシステム及び施設見学 スカパーJSAT(株)
ブロードバンド時代における電波利用の現状
電気通信機器の基準認証システム
電波機器の測定技術
測定実習(電波暗室における電波測定)
TELEC
カントリーレポート
(自国の電波利用と電波監理等の紹介・意見交換等)
TELEC

研修風景


研修生8名とTELEC職員

TELECでの講義


スカパーJSAT横浜衛星
管制センター

アンリツ(株)本社


カントリーレポート

修了証書授与

<参考1>
APT研修コース
 日本政府の特別拠出金を基にAPTが行うアジア太平洋地域における電気通信分野の人材育成プログラムの一つです。研修実施に当たっては、総務省国際協力課の全面的なご指導・ご支援を頂いています。

<参考2>
APT:Asia-Pacific Telecommunity(アジア太平洋電気通信共同体)
 1979年に設立されたアジア・太平洋地域の電気通信の開発促進及び地域電気通信の整備・拡充を主目的とした政府間国際機関です。日本をはじめ加盟国34か国、準加盟4地域、賛助加盟員として各国から120の電気通信事業体が参加しています。セミナーの開催、調査研究、専門家派遣、研修などを主な活動としています。



【お問合せ先】
企画調査部
電話:03-3799-0901